トップ

歯科の学びを深める

歯科の基本を考えていく

歯科医院のインプラント治療

年配の人を中心として、歯を失ってしまうこともよくあることです。いろいろな症状から歯が抜けてしまうと、食べ物を食べるにもかなり困るものです。そこで失った部分を補うために歯科医院でインプラント治療をしてみるといいでしょう。インプラントというのは人工歯根のことであり、あごの骨にボルトのような小さな器具を埋め込むことで土台を安定させて、そこに人工歯を挿入していくという方法になります。実際に治療を受けた人はその快適さに感激して再びほかの歯も専門の歯科医院で治療を受けようと思う人も多いのです。費用は高くても、それだけの価値があると考えるのです。

歯科医療のインプラント治療

インプラントとは体内に埋め込む器具の総称です。例えば人工関節やペースメーカーなどがそれに当てはまりますが、歯科医療においては補綴物治療そのものを指します。具体的には、穴をあけた顎の骨に人工歯根(インプラント)を差し込み、上部に人工歯を装着する歯科医療技術をインプラント治療といいます。人工歯根を顎の骨に固定するので安定感があり、自然の歯と同じ機能を取り戻すことができます。また、過去には40年以上使い続けたという例も存在しているので、メンテナンスをきちんとしていけば生涯使い続けることも期待できるでしょう。

↑PAGE TOP